中国のデジタル通貨市場はどうなっているのか

中国人民銀行(PBOC)は24日、仮想通貨の決済やトレーダー情報の提供に関するすべてのサービスを禁止する通達を発表した。 違法な金融活動に従事した場合は、刑事責任を問われることになります。 また、インターネットを通じて中国の居住者にサービスを提供する海外の仮想通貨取引所も禁止事項に該当し、関係当局はこれに関するあらゆる行為の監視を強化するとしています。

日本の朝日新聞の9月25日の報道によると、中国の中央銀行が出した通知には、”仮想通貨取引の投機活動が増加し、経済・金融秩序を乱し、賭博、違法資金調達、詐欺、マルチ商法、マネーロンダリングなどの違法・犯罪行為を助長している “と記されています。 また、ビットコイン、イーサリアム、テッドコインなどの仮想通貨の名称を掲載し、市場での流通を禁止していることを明確にしています。 当局は今後、監督と取り締まりを強化する。

中国はこれまで、国内での仮想通貨に関する取引行為を禁止してきましたが、ユーザーは国外の取引所を利用して取引することができるようだとのことです。

中国政府は来年、正式にデジタル人民元を発行する見通しで、市場の混乱を招かないよう、暗号通貨など民間のデジタル通貨の発行を禁止するガイドラインを導入したと報じられています。

Financial Timesは9月24日、中国がデジタル資産市場で大きな利益を生む分野に規制の “バズーカ “を向けていると報じました。 暗号通貨に関する一連の取り締まりの中で最新のもので、中国の中央銀行は金曜日に、オフショア機関が国内で関連サービスを提供することは違法であると述べたという。 これらの機関の運営を支援したり、マーケティングキャンペーンや技術サポートを提供する国内のスタッフは、法律に基づき責任を負うことになると警告しています。

中国が暗号通貨の取り締まりを強化していると、スペインの新聞「El País」が9月24日にウェブサイトで報じました。 中国の中央銀行は9月24日、仮想通貨取引における投機リスクのさらなる防止と処理に関する通知を発表し、仮想通貨は法定通貨と同じ法的地位を持たず、仮想通貨関連の事業活動は違法であると宣言しました。 回覧板では、海外の仮想通貨取引所がインターネットを通じて中国居住者にサービスを提供している場合も、同様に違法な金融活動として扱っています。

この通達は、10 の政府規制当局が共同で出したとされています。

同報告書は、中国の銀行は2013年以降、暗号通貨業務に従事することを禁止されているが、当該通知は、その線引きの性質や影響範囲において、過去の禁止事項よりも厳格であると指摘している。

この通知をきっかけに、デジタル通貨の価格が急落したという。 情報サイトCoinhooのウェブサイトに掲載されている数千の暗号通貨は、24時間前の価格から平均5.7%下落した。 ビットコインは5.3%下落の41,450.80ドル。

規制当局は、かつてこれらのデジタル通貨の主要市場の1つであった中国が、今後、暗号通貨がもたらすリスクに対処するための「新しいシステム」を開発すると述べています。 中国の中央銀行は、暗号通貨が金融システムを混乱させ、マネーロンダリング、詐欺、マルチ商法、ギャンブルなどの犯罪行為を助長していると指摘しました。 禁止事項を無視した者は調査され、刑事責任を問われる可能性があります。

また、暗号通貨鉱山は閉鎖され、新たな鉱山の開設は許可されないとした。

この通知は、中国が2017年以降暗号通貨に対してかけてきた圧力をさらに強めるものであると指摘しています。 この禁止令は、一連の環境対策の一環です。コンピュータで暗号通貨を採掘すると大量の電力を消費し、二酸化炭素を排出することになりますが、一方では金融システムへの過度のリスクを回避するための強力な規制キャンペーンが行われています。

また、中国人民銀行は9月24日、すべての仮想通貨取引の全面禁止について通達を出したとロシアの新聞が報じています。 ビットコインの価格は1時間で3,000ドル(6%)以上急落した。

ビットコイン価格の下落を背景に、コテージコインの価格も下がったと言われています。 Etherの価格は7%下落し、CaldanoとCoincoinは6%値を下げた。

 

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。