精子は意志を持っている個別の生物ですか?

疑問:

着床するために卵に向かって一直線に泳ぐそうですが、精子単体で意志をもって動いているのでしょうか? つまり、そのへんをうごめいている虫とかと変わらない?ふと気になりました。 また、精子を虫のように個人で飼育することもできますか?

解決

生命は、古くから物質の運動状態として認識されてきました。 生命を意識していると思うのですが、(運動している状態なので)卵を求めるのも本能的な意識なので、今は誰も知らないのでしょうか? (しかし、それが探していることを誰が知っているのでしょうか? どのように研究すればいいのでしょうか? 魚が喜んでいるかどうか、わかりますか? この質問はあまり関係ありません)
精子は細胞呼吸のためのミトコンドリアと運動するための鞭毛を持っているので、生きていて、単細胞動物より形態が低く、運動が可能であることが必要です。 卵を探し、その中に潜るという目的を持っているのです。 意識を持つのは生命だが、それは単純な細胞の本能的な意識であるべきだ。
生命の基本単位は細胞であり、タンパク質、核酸、脂質などの生体高分子の物質系である。 生命現象は、この複雑なシステムの中で、物質、エネルギー、情報の3つの量が統合的に動き、伝達されることで表現されるものである。
精子細胞は形成された精子のことであり、精子細胞はまだ変形していない精子のことである。 しかし、精子はすでに別個の存在なので、精子細胞というものは存在しない。
もうひとつは、速く走ることとは関係なく、卵が嫌がること、時間の無駄であることです。
大切なのは、卵子がそれを気に入って、精子の頭を入れてくれることなのです ここがポイントです(速く走ることが正しいという人はいませんが、速く走ると遅く走るより有利なのは事実です、遅く走れば多くの人に追いつかれますし、遅く走れば途中で死んでしまい、精子はせいぜい数日しか生きられません)。

 

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。