ゲイが女性の彼氏を奪っちゃいけませんか?

残酷ですか? 女性が、かわいそうですか? 何か問題ですか?何も問題無いね。 あと、そういうゲイビデオは、ありますか? どうですか? どう思いますか? (≧Д≦)アッー!!

以前、レズビアンから多くの心の相談を受けたことがありますが、その中で印象的だったのは、20代の女の子が「彼氏と彼女、どちらを選ぶべきか」と相談に来たことです。

彼女は、自分の心だけでなく、体のことも彼女の方がよく知っていると告白した。 ベッドでは、いつも彼氏が失敗するのに対し、彼女は一番敏感な部分を満足させることができます。

そのうち、彼女は恋人と一緒にいるのが心地よくなり、彼氏には冷たくなっていった。 しかし、その彼女にも自分の彼氏がいるというドギツイ状況・・・。 この時、どうしたらいいのか、このカウンセリングは来訪者をどう導いてくれるのか?

今回お伝えしたいのは、感情とジェンダーについての話題です。 同性愛はどのような動機に基づいているのでしょうか。

まず、女の子ばかりではありません。女性の体、男性の気質。

人はよく、男女を区別する基準として、身体的な寸法を用います。 しかし、その人が女の子の体になっても、男の子的な性格が多く、男の子的なホルモンまで持っている・・・・・・。

心理学の研究により、誰もがアンドロゲンホルモンとエストロゲンホルモンの両方を持っており、それぞれのホルモンの比率は人によって異なることが分かっています。 歴史に残る名スター、マリリン*・モンローは、成功した男性たちから非常にモテ、愛され、その多くが彼女に夢中になり、心を奪われてもいたのです。 モンローの死後、科学者たちはモンローの遺体にY染色体が多く含まれていることを発見した。 なぜそうなのでしょうか。

それは、私たちの考え方が間違っているからかもしれません。 実は、人の性別を判断するには、身体的な面以外に、その人の気質が男か女か、また、その人が担う社会的役割が男向きか女向きかということに着目しなければならないのです。

まるで、幼い頃から男の子にドレスを着せ、親の期待に応えるために美と甘えを教える家庭がよくあるように、その結果、男の子は大人になると女の子の属性を持たなければならない・・・これは、社会が男性に女性の役割を与え、女性の資質を与えているのです。

では、先ほどの同性愛の話に戻りますが、この場合の女の子は男性的な資質を持っていて、だから女性が好きだということでしょうか?

第二に、「男尊女卑」に対して反論し、生家の呪縛から逃れたい。

その後、その子の家庭を調べてみると、幼い頃、母親が男の子として育てていたことがわかった・・・・・・。

私が子供の頃、私の家は貧しく、この少女は長女の一人姉で、弟が二人いました。 父親が早世したため、母親は弟の世話や家事の手伝い、さらには弟の教育費のために学校を途中で退学させるなどの責任を負わせた……。

彼女の母親がいつも言っていたことのひとつに、「男がボス、女がボス、お前は家のことをやれ、弟を勉強に行かせろ、そうすればお前が大きくなった時に成功できる」というのがあった。

しかし、そのような言葉を聞くうちに、実は心の中でますます拒否反応を示すようになっていたのだ。 実は彼女は、心の中で他人に認められたいという気持ちが特に強く、また、女性を家を守るための道具として扱うことを特に嫌っているのです。 だから、彼女の心の奥底には、成功したキャリアを持ち、高く評価され、褒められ、土下座する少年のような役回りが特に望まれるのだろう。

彼女の知り合いの彼氏も、優しくて思いやりのある、理解ある女性に憧れていることがわかる。 しかし、少女自身はこの「理解があって優しい」というイメージに抵抗している。 恋人ができて、自分がとてもいい子で、ベッドで満足することも含めて、追いかけられ、言い寄られることを楽しめることを知ると、次第にその気持ちを手放せなくなったという。

つまり、表面的には同性愛の問題ですが、すべての夫婦の心の問題は、心理的なレベルで見つけなければならない源に集約されることがわかります。 ここでの源泉は、生家の呪縛を解き、自分が本当に認める「成功する男」という性徴を見出したいという少女の願望である。

情緒的価値観:人間は動物だけでなく、人間でもある。

女友達は性欲を満たすだけでなく、情緒的な価値を意味する「エロティックな欲望」も満たしている。

相談の女の子は、「同棲もしていて、ミルクティーを注文するので、彼女はチューブを刺して食べさせ、彼氏は自分で飲むだけで、ゲームをしながら、配達までしてもらう」というシナリオを描いていました・・・・・。

その女の子は、生活のさまざまな場面で、恋人が実際に自分に純粋な気遣いや暖かさ、思いやり、そして自分の行動を褒めてくれることがあり、それらの行為が実際に自分に大きな精神的価値を与えてくれるというのである。 では、なぜ彼女はそれほどまでに感情的な価値を必要とするのでしょうか?

というのも、少女は成長期に母親から長い間放置され、弟たちに過剰に甘える母親を相手にしなければならなかったからだ。 そして、彼女は心の中でとても傷つき、愛されていないことを感じるのです。 大人になった今、彼女はこの「好かれる」という感情的な価値をとても欲しているはずで、それはまさに彼氏が自分に与えられないものであり、一方、彼女はこれをとてもうまくできるのです。

IV.同性愛者のための結婚カウンセリング:自分自身のニーズを理解するための手助けをする。

原始社会から、男は狩りと戦い、女は摘み取りと繁殖というように、男女の役割分担が明確にされていたのです。 封建社会では、女性はさらにドグマに縛られ、社会全体の文化が男性の力を強調していた。 この不平等思想の痕跡は、今日でも残っている。 女性は封建的なドグマから解放されたとはいえ、社会は依然として、男は出世欲、女は穏やかで家庭的であるべきという考えを男女に課している。

そして同性愛は、男女自身が自分に与えられたこの性別の役割を認識していない場合に起こることが多い。女性は主婦になることを望まず、成功し、認められる荒くれ者になりたがるし、もちろん、優しく、思いやりがあり、理解ある女性キャラになりたがる男性だっているのだ。 このとき、生家のトラウマとセットになっていると、同性を求めることで差別化欲求を簡単に満たすことができる。

つまり、同性愛はそれ自体、異常な関係形態ではないのです。 愛は、実はどんな性別の間にも存在するのです。 私たちのカウンセリングの焦点は、性別の好みを矯正することではなく、その瞬間の自分の行動をよりよく受け入れられるように、自分の核となるニーズを真に探求し、理解することを助けることです。

そうすることで、お客様は恐怖や不安を抱えたまま生活することがなくなり、自分が何をしたいのかを合理的に判断することができるようになるのです。 そして、恐怖や不安がうまく解消されると、お客様は機嫌が良くなり、富を生み出し、パートナーに出会うためのモチベーションが高まり、生産性が向上するのです。 毎日、晴れやかでフレッシュで希望に満ちた気分で、仕事では完全に集中し、家に帰ればやる気満々で読書や練習に励む、そんな生活を想像してみてください。

このような生産的な生活を送るには、しばしば穏やかな感情システムが必要とされますが、ここで感情心理学者の価値が発揮されるのです。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。