メチオニン市場、2022年~2029年にかけCAGR5.08%で推移予想

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「メチオニンの世界市場(2021年~2028年)」(DataM Intelligence)の販売を2022年3月3日より開始いたしました。

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/dmin1058069-global-methionine-market.html

メチオニン市場、2022年~2029年にかけCAGR5.08%で推移予想
メチオニン市場、2022年~2029年にかけCAGR5.08%で推移予想

メチオニン市場は予測期間(2022-2029年)にCAGR5.08%で推移すると予想されています。

メチオニンは、タンパク質の構成成分としてタンパク質合成の開始因子や翻訳絶縁に必要な含硫アミノ酸の一種です。身体の組織や臓器を構成するタンパク質の構築に役立っています。メチオニンは肉、魚、乳製品に多く含まれています。体内の多くの機能で重要な役割を担っており、他のタンパク質を生成する際の前駆体として使用されます。

鳥類、ヒト、その他の哺乳類の適度な成長と発達に不可欠なアミノ酸の1つです。メチオニンにはMHA、DL-メチオニン、L-メチオニンの3種類があります。DL-メチオニンは、メチルメルカプタン、アクロレインおよびシアン化水素からの化学合成によって製造されます。

メチオニンのグレードには、フィードグレードとファーマシューティカルグレードがあります。メチオニンは、肝毒性肝炎、肝硬変肺炎、銅中毒の治療効果があることから、医薬品用途での利用が拡大しています。また、鎮痛剤、制酸剤などの緩衝剤としても使用され、病気の治療に役立っています。
市場力学
増加する人口に対して利用可能な養殖資源を持続的に活用する必要性が、メチオニン市場を牽引しています。しかし、入手の難しさと健康への副作用が、市場を抑制すると予想されます。

増加する人口に利用可能な養殖資源を活用するための持続可能な方法の必要性
養殖産業は、増加する人口に手頃で栄養価の高いタンパク質を供給するために、利用可能な資源を持続的に利用する方法を必要としています。そのため、メチオニンを用いて、生産サイクル全体を通じて魚の栄養と健康をコスト効率よく最適化する魚用飼料の処方の仕様に取り組むことが必要となっています。
現代の養殖用飼料は、魚粉を少なく、あるいは全く使用せず植物性タンパク源を多く含むように設計されています。このような飼料設計の変更により、メチオニンは通常魚やエビの飼料では不十分な量の第一制限アミノ酸となります。メチオニンは、タンパク質合成の構成要素として重要な役割を担っています。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。